研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

深沢 乙未

オーダーメイドジュエリーやジュエリーリフォーム専門店を夫婦で経営、デザイナーとして仕事をしております。
工房を併設したショップですので、製作に関してもすべてを手がけているなかで、日本の伝統工芸の技法を使って制作する事が多くあります。
日本の装身具のゼミでさらに深掘りする事で、歴史や技法を伝えていくこと、 弊社で人間国宝の安藤薩雄氏の帯留めやそのお弟子さんである宮入袈裟雄氏の作品を所蔵しておりまのでその素晴らしさを伝えていく事、コンピューターなどが発達した世の中でも日本の装身具をきちんと理解し伝える事など歴史を学ぶ事の重要性を感じております。
コモディティ化した世の中で本物を伝える事や知る事が今後生き残るテーマだと思います。






Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved