研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

野澤 治仁

現在、日本宝飾クラフト学院で制作、JC講義などを行っております。
以前より、東洋、西洋の装身具については学生より制作方法などについての質問を受けることもあり、そのつど独自に調べ興味を
抱いておりました。
また先ごろまで、露木先生が連載されていたジュエリーコーディネーター機関誌の「日本の宝飾文化史」も興味深く
読んでいました。これまでの不勉強のため制作についてやその歴史背景など疑問が増すばかりでした。

今回の機会を生かし、日本のジュエリーへの理解を深めることができればと思い参加させていただきます。






Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved