研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

大島 範子

美術系学校卒業後、ジュエリーメーカーでデザイナーとして14年間お世話になっており、娘の小学校入学、主人の仕事のサポートをするのを機に退社しました。妻、母そして、また主人の経営するフォトスタジオの経営のサポーターとしての日々を送っているうちに、好きだったジュエリーのデザインのことを記憶から消しておりました。数年前、自分を生きていないことに気付き自分を大切にするようになったこと忘れていたジュエリーへの情熱が戻っていきました。ジュエリーを通して、自分らしい人生を生きて輝ける人のお手伝いをしたいと思い、現在は少しづつ提供させていただいています。
世界の装身具がどんなものかと知りたいと純粋に思う気持ちと今後、宝飾に関わっていく上で、ジュエリーの原点となる歴史や世界の装身具のことを知って自分の器を広げたいと思って応募いたしました。

どうぞよろしくお願いいたします。





Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved