研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

奥住 義則

私は、日本宝飾クラフト学院で宝飾やワックスの指導をしております。
また、露木先生のもとで日本や世界の装身具コレクションの修復や保管などを手伝わせて頂いています。
初めは全く知識がありませんでしたので、個々のものを別々にしか見ておらず、デザインが面白い、技法がすごいというところにしか興味がありませんでした。
しかし世界のたくさんの物を見ているうちに、それぞれ地域によって全く別の起源や発展の仕方をしていたり、流通のルートなどによって
影響を受けあいどこかつながっていたりと、それぞれにさまざまな意味があることを知り、もっと装身具の歴史なども知ってみたいと思うようになりました。
今回、文化史研究会に参加させて頂いて、自分の知識としてはもちろんですが、これからの作品造りにも大いに役立てていこうと持っています。





Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved