研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

岡本 有紀子

音楽の道に進む人が音楽史を学び理解を深めていくように、ジュエリーの仕事に携わる者として、ジュエリーの歴史を知りたいと思うようになりました。
私はオーダージュエリーやリフォームをご提案する立場で、宝石のこと、加工のこと、そして接客の大切さなどには日々重要性と興味を持って学ぶことが多いものの、ジュエリーの歴史については触れ合う機会がないまま過ごしてきました。
長い歴史の中で、何故人はジュエリーを身につけてきたのか、ジュエリーの文化が廃れて無くなってしまうことがなかったのか、ジュエリーが果たしてきた役割や意味、時代背景など幅広く学ばせて頂きたいと思います。
ジュエリー文化史については全くの初心者ですが、『過去を学ぶことが未来を創る』という思いでおります。
どうぞよろしくお願い致します。





Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved