研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

吉田明泰

その気になれば超一級品を鑑賞したり、その背景や価値を学習したりすることができる絵画や陶磁器などの美術品と異なり、宝石や宝飾品を学ぶ難しさは、実物を鑑賞する機会の少なさと、学ぶための資料の少なさにあると思います。

「ジュエリー文化史研究会」では、年4回のハンドリングゼミで江戸中末期からの宝飾品の現物を手に取ることができる上、関連資料を集めたライブラリも設置されていると知り、すぐに幹事をされている戸倉さまにコンタクトさせていただきました。

宝石学やジュエリーメイキングも知らないまま、翡翠など東洋の宝石蒐集を続けてきましたが、今回、研究会への参加を機に、露木先生、戸倉さま、研究会の先輩方からいろいろなことを学ばせていただきたいと思っております




Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved