研究会、ゼミ概要

主宰者・幹事より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

鯉渕みどり

現在ジュエリーデザインと制作を生業にしておりますが、大学では彫刻を学び、
アートの世界を志しておりました。大学卒業後、子供造形教室の講師をしていた
時期にアクセサリー作りの企画を行ったところ、自らの作品を身に着けた子供たち
の表情が明らかに自信に満ちてみえた経験が契機となり、装身具の持つ不思議な力
に私自身が魅了されていきました。

その後すぐにジュエリー制作をはじめ、活動する中で、装身具には伝統工芸から
ファッションの領域の至るまで様々なジャンルがあり、それぞれに歴史がある非常
に奥深い世界であることに気づかされました。

装身具に関する知識をより深め、今後の活動に活かせるよう、真剣に取り組み
たいと思います。




Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved