研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

土田 慶太

縁もゆかりもないジュエリーの業界に何気なく飛び込んで十数年。この業界にはジュエリーが好きで仕事をしている人と、別にジュエリーは好きではないけれども、稼業、家業として仕事をしている人がいると思っています。幸いなことに自分はジュエリーが好きな人達との出会いに恵まれ、いつしか自分もジュエリー好きとなっていました。美術館、博物館、アンティークショップなどへ通い、日本を含めた世界の美術品や工芸品、そしてジュエリー(装身具)について少しずつ学んでいく中で、なぜこんなにも多くのジュエリーが生まれたのかを知りたくなりました。錺、刀装具などの日本のジュエリーの歴史、世界のジュエリーについて学ばせて頂きたいです。何卒宜しくお願い致します。


Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved