研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

八向 志保(やむき しほ)

私は日本の宝飾品業界の研究をしています。
日本の宝飾品業界が、かつて3兆円の規模であったのに現在はその1/3以下に落ち込んでいる原因とその現状を変えるために何が足りないのかを研究テーマにしています。
その研究の過程にあたって、宝飾品また装身具というものが人間にとってどのような意味をもつものなのか疑問に思い、根本に立ち戻って考えたいと思っております。
ゼミに参加することで、宝飾品や装身具について文化の側面から理解をし、考えを深めていければと思いまして、申し込みをさせていただきました。

 
Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved