研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

中村 園子(なかむら そのこ)

未来のジュエリーを想像する時、私は必ず過去のジュエリーを思い浮かべます。
先人の創ってきた歴史の延長線上に私たちがいて、未来がつながっているからです。
昔作られていた装身具を見て、使っていた人、作った人を想像し、その時代背景を知ることは、ジュエリーに携わる人にとって貴重な体験になると思います。
私の今後の制作活動をする上でも、露木先生の講義を受けながら、皆さんと意見を交換し、より深く日本(世界)の装身具を考えてみたいと思いました。

Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved