研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

立澤 真弓(たちざわ まゆみ)

私は、個人で彫金のジュエリー制作をしています。現在は、主に日本伝統彫金の技法を学びながら、その技法を活かしてジュエリー作品にできるよう模索しながら制作をしています。
制作していく上で、ジュエリーの歴史についても調べたいという気持ちから、個人的に調べてみると、昭和初期以前の資料を見つける事は非常に難しく感じておりました。
そのような時に、このゼミの事を知り、是非受講したくメールをさせて頂きました。
以前、ジュエリーコーディネーターのために開かれた露木先生ジュエリー文化史にも参加させて頂いた事があります。
後生に資料を残すべく、資料作りをしていく気持ちで参加出来たらと存じます。
ゼミに参加される皆様と共に、各時代の特徴的技法、またそれらの作品と宝石の関係について、数多くの装身具作品が物語る多くの背景について紐解いていけましたら何よりでございます。

Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved