研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

島田 文恵(しまだ ふみえ)

ジュエリーデザイナーとして常に古今をとわず、ジュエリーと金工に関するものについて、自分なりに勉強をしておりますが、それはどうしても西洋のものが中心となっております。
露木先生の日本装身具史も興味深く拝読させていただき、今回直接先生の講義を受ける機会と実際に手にとって見る機会がいただけそうなので、参加できればさらに深く理解できるのではないかと思っております。
またかねがね仏像の装身具と大陸との関係に興味をもっていたので、この機会に詳しく研究してみたいとも思っております。

Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved