研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

幸谷 由利子(こうや ゆりこ)

装飾に使われる宝石に興味を持ち、宝石学を学ぶにつれ、所謂偽物にも面白味を見いだすようになりました。
現存するならば見てみたいのが、江戸後期に作られた明石玉です。
明石玉は珊瑚が装飾品として好まれ、且つ、 貴重だった事を物語ると同時に、偽せた物を作るという文化があった事も教えてくれます。
「ジュエリー文化史研究会」では、装飾品がどの様な時代背景を映し出すかを学び、また、新しい発見が できたらと思い、応募致しました。
どうぞ宜しくお願い致します。

Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved