研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

岸 あかね(きし あかね)

「聖なる銀」展での素晴らしいコレクションを前に、幸運にも露木先生のお話をきくことができました。
ジュエリーがどんな風に身につけられていたかを研究するのに絵葉書を集めていらっしゃるとお聞きしたときにもっと先生のお話を聞くチャンスはないかと思っておりました。
偶然にも幹事をしてくださる戸倉さんと、同じセミナー、サザビーズのアンダースタンディングジュエリーを受講し、歴史を経た本物を手にとり学ぶことの多さに感激しながらも、露木先生とこのような素晴らしい研究会を作ってくださった戸倉さんには遠く及ばない私でした、、、。
幸運にも会のお知らせを頂き、参加することが出来、感謝しております。
現在パーソナルスタイリストの勉強をしており、服飾とジュエリーの相乗効果を伝えられるようになりたいと思っており、装飾の歴史を学ぶことが重要に感じています。
歴史と素材、作りを学び、時にはジュエリーに秘められた思いにいたるまでを心に描きながら過ごす貴重な時間を大切にしたいと思っています。

Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved