研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

小澤 一樹(おざわ かずき)

私は現在、GIA-GGを取得し、御徒町で働いておりますが、自身は鉱物そのものの種別や価格だけでジュエリーが判断されることに、強い違和感があります。
宝飾業の本質は言葉通り『装飾』であり、文化という枠組みで取り組むことこそが本道であると考えております。
そのためには宝飾文化をより深く、より広く知らねばならぬと、常々、思っておりました。
現在、日本の宝飾文化は危機に瀕していると言われますが、私個人は、むしろ転換期を迎えたのではないかと思っております。
ジュエリーは、地金の価格よりも、意匠や技術、アイデアに敬意を払うべきであることが常識となる時代が来ると信じます。
そのためにも、ぜひ『ジュエリー文化史研究会』に参加し、お教えを乞いたく思っております。

Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved