研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

石井 恵理子(いしい えりこ)

以前からアンティークジュエリーに興味があり、本物の良質なジュエリーに触れることでますます勉強意欲が増したのを覚えています。
GG修業後GIA本校にてマニュファクチュアリングを学びデザインと創ることへの興味が湧きました。
帰国後は小売店でデザイナーとして販売とデザインを担当。
その後、独立してオリジナルジュエリーの製作。
現在の仕事はデザインのみで、主人が職人としてオリジナル作品を生み出しています。
創りを理解することでデザインもより考えるようになりました。検品、販売時ともに責任を持って取り扱う事が出来るようになりました。
直ぐ近くで真剣に取り組む姿を見ている者として魂の入った良い創りの物は匠の技として後世へ残すべく勉強をしたいという所存であります。

Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved