研究会、ゼミ概要

主宰者より

研究会参加動機

ゼミ日程(2018年)

装身具ハンドリング作品

ゼミに参加して

ジュエリー文化史サロン・特別講演会

論考・研究レポート・エッセーなど

文献資料

参考:伝統装身具ネット図鑑

会員へのお知らせ

日本の装身具ハンドリングゼミ 第9回

ここでは、会員のゼミでの感想や気づいた点、意見、お寄せいただいた図書資料情報などを掲載します(順不同)。


河西 志保さん

この度、初参加でしたので何もかも新鮮であり初めて聞くことが多く、自分の無知さを改めて知り、またこれからが楽しみになりました。

まず、藤田君代コレクションの蒔絵の櫛10点をビニールの上からでも150〜200年以上前のものを実際に持たせて頂けることにより、感覚や重さや櫛から伝わるものが自然に感じとれ大変貴重な機会を与えて頂きました。

特にKF−07の周防染めの色と蒔絵と象牙の象嵌と江戸時代からの素晴らしい技法が拝見できました。もう1点は、KF−05だけ両方に櫛が出ている珍しいもので巻き髪に使っていた巻き櫛と伺い、このような時代からあったのだと櫛の形に納得致しました。

また、明憲皇太后の写真や絵にはイヤリングをしていない理由などやティアラやネックレスがまだ日本では作れず本当はどこで作られたものなのか明らかになっていないことなど大変勉強になりました。

そして、御木本の誕生から裏張り真珠の事、珠が小さいからアコヤパールの養殖が生まれたなどのお話も面白く、最後に露木先生が「人間が人間ではなくならない限り装飾品はなくならない。」と言われた一言に感銘を受け一生忘れられない言葉になりました。また次回を楽しみにしております。                              



吉田 明泰さん

今回もまた色々な作品を拝見でき、また歴史の話を伺え、大変充実した盛りだくさんな内容でした。ありがとうございます。

今回は、前回数点あった半透明な素材が無く、木製、象牙製のアイテムでした。
角のあるものはみなそうですが、大切に使ったはずの蒔絵の櫛でも、みな角が擦れていたことを見ていました。
大切に使っても擦れてしまったのか、貴重なものなので、同じものをずっと使い続けたのでしょうか。季節のある絵柄も多かったので、もともと擦れてしまいがちな素材なのかもしれません。

再結晶ルビーの件、「宝石百年」の編集にも関与された中村善吉氏の「宝石」という本に、飯田氏の記事には言及されていない制作者の名前入りで掲載されていました。年代にはズレが若干あります。この本、ライブラリーにも表紙の色違いで2冊、並んでいましたが、写真を撮ってみました。

桃に配される女性、「東洋画題総覧」によれば西王母とのことでした。
弁財天だと思ったのですが、ちがったようです。

簡単ですが、取り急ぎご連絡させていただきます。

また次回、楽しみにしております。

※吉田明泰さんからは、上記とは別に今回のゼミの内容について考察された文章をいただきました。
 こちらからご覧ください。


角元 弥子さん

藤田君代コレクション(2回目)

2回目になり、前回拝見したものと併せて感じたことがあります。

(1)テイストがある範囲におさまっている
フランスで入手した輸出品ということで、輸出入業者のフィルターを一度通ったものだからでしょうか。
以前ハンドリングさせていただいたような、言葉遊びや洒落、個人的な念の入ったマニアックなものでなく、誰が見てもひと目で美を感じるものが多いです。欧米の、日本文化「発見」の第一段階という印象です。

(2)大陸風のデザインが含まれている(11月ハンドリングのKF-07、今回のKF-03)
当時のデザインのひとつとして(例えばナポレオン時代のエンパイアスタイルのような)古代のリバイバルのようなものなのか、陶磁器の輸出品のように故意に大陸風のデザインを取り入れて輸出しやすくしたものなのか、大陸への輸出品なのか、気になります。

次に、ひとつずつについて気になったことです。

KF-02
黒に赤の椿?のコントラストが美しい櫛ですが、ルーペで見ると、櫛のコバ部分全て、また赤い漆部分にも、金の消粉が残っているのがわかります。
金粉の下地には、発色を良くするため赤系の漆を塗ることが多く、一般に、わずかに金粉のついた赤い漆の箇所があれば、製作当初は金粉が蒔かれていた可能性が高いです。
この櫛のように、モティーフにわずかな立体感を持たせるため漆の下塗りで高さを出しているものは、凸部分から摩耗して剥げていくので、高低差のある部分のキワに金粉が少し残っていたりします。
同じく、KF-04も鶴や霊芝雲は金粉が蒔かれ、かなり派手なデザインだったと思われます。

KF-03
桃の実の脇にくっつけられた、貝が何を意味しているのか、意味していないのか、大変気になります。
貝の大きさもつけた場所も、接着方法も全体の調和を乱しているように思え、なおさら気になります。

KF-06
金粉が剥げてしまった箇所に、応急手当として金箔を貼ったのでしょうか。
実用品でしたら、下地の黒や赤が見えてしまうよりも、金箔で手当する程度でもさっと直したほうが、よさそうです。
貼ってある金箔が厚めで四角いので、蒔絵師による修復ではないように思えます。
今でいう何とかミニットのような、街場の修理屋さんがあったのでしょうか。想像がふくらみます。

明治期の日本のジュエリー史について

知らなかったことばかりで学んだり調べたりしたいことがたくさんありますが、少ない情報からでも、欧米から次々に入ってくる新しいものに魅せられた、新しいもの好きの日本人の姿が目に浮かぶようです。

以上です。 次回も楽しみにしています。



岸 あかねさん

素晴らしいコレクションをみせていただきありがとうございました。

先日の文化史研究会で露木先生のおっしゃっていた、婚約指輪、結婚指輪について、 DIANA SCARISBRICKさんのRINGSにすこしかかれてあります。
2章のLONE,MARRIAGE, AND FRIEND SHIP RINGS 99ページからです。
ギリシャからはじまり、ユダヤ教での話しなどもかかれています。

※露木から
岸さん本の情報ありがとうございます。
2冊とも早速注文しました。


青木 千里さん

一番印象に残ったのは櫛巻用櫛です。まるで魚の骨の様な両刃の形状、バランス良く全体に施された蒔絵がユニークで美しい一枚。
両面とも右側に菊をイメージさせる花と左に5弁花があしらわれています。5弁花は忍冬(スイカズラ)でしょうか?

KF-10 を除いてどれもよくよく観察すると図柄は左右非対称で表裏とも異なっています。平面的な櫛ではありますが、ネックレス、
ペンダントやブローチと違って装った時に両面が見せられる装身具。
髪に差すという制約を受けながらも、「どう見えるか」を工夫した心意気を感じました。


青木さんからは、追加で以下のケンドルビーについての考察をいただきました。

日本はそろそろ春めいて来たことでしょうね。こちらは今日も雪。今夜からはマイナス14℃の寒波が予想されています。

第9回ゼミで「ケンド ルビー」の件が講義にありました。
ケンドという音だけを頼りに色々アルファベットを当てはめてみましたが、 それらしいヒットはありません。試しにロシア語でひいてみました。ロシア語は外来語の音をそのまま素直に自国の文字に置き換えるので原語を辿りやすいのです。
ケンドは英語でフローライトの事だとすぐ分かりました。ケンドはフローライトの産地のひとつであるアフガニスタンの村の名前、Kand village 。
そういえばアフガンもルビーの産地だったはず。「ケンド ルビー」とはアフガンルビーのことではないでしょうか?「ケンド ルビー」の実物が鑑定して合成石であるならば、アフガン産ルビーに色など特徴が似ていてそう命名されたのでは・・・。と、想像を巡らせたことでした。




宮坂 敦子さん

明治中期の洋装装身具事情がよく分かり、非常に勉強になりました。
昭憲皇太后の肖像画は何度も目にしたことがありましたが、ダイヤモンドティアラの詳細は知りませんでした。
また、御木本幸吉の半円真珠の海外の評価も興味深かったです。
結婚指輪の始まりについて、自分でも調べてみたくなりました。


山岸 昇司 さん

初参加させて頂きありがとうございました。

まず、露木先生より参加者は指輪をはずすようにご指示があり、私も基本のキを失念 しておりました。

さて、拝見させて頂いた藤田君代コレクションのうち200年〜150年前の櫛をハンドリングさせて頂いた感想を述べさせて頂きます。

1.KF-01菊と蝶木蒔絵櫛(一部金箔張り)

高蒔絵の立体感、二色の金色蒔絵素材を配置よく使い分けて豪華さを演出する意匠に魅せられました。表裏にある3輪の菊花に金箔が貼ってあり今日においても輝きは失われておりません。

当時、行灯の薄明りだけが照らし出す暗い部屋の中でこの金箔の貼られた菊花だけがキラッと光を反射する様はなんとも風情があったことでありましょう。

高蒔絵の地の盛り上げには炭粉を使うとお聞きしましたのでNETで検索 (http://makie-museum.com/dic/dic4.html)してみるとほかにも銀粉、錫粉、砥の粉などがあり高上げの材料、技法は流派によって異なる、とありました。

こと蒔絵の世界にも多くの流派があってその匠の技を競っていたからこそこのような素晴らしい櫛が今日でも愛でられるのだと感謝であります。

2.KF-03桃と仙女(西王母)図木蒔絵櫛

拝見した当初、桃は吉祥のモチーフですからもう一面の天女は吉祥天かと思っておりました。

後日露木先生のタイトルに西王母とありましたので、いかなるお方かとこれまたNETで検索いたしました。

―――――以下引用――――http://pengzi.maruzen.com/shenxian/xiwangmu.htm

西王母を描いた絵にはたいてい桃が描かれています。侍女が桃をささげ持っている図も多く見られますが、西王母の桃とはどんなものなのでしょうか。

 古来中国では、桃は魔よけの力があるといわれ、仙人の杖に使われたり、お札に使われたりしてきましたが、崑崙山には王母桃または蟠桃といわれる桃があるといわれています。

この桃が不老長寿の桃なのです。この桃はとても小さく、銃の玉ほどの大きさしかないといいます。そして3000年に一度しか実がならないのだそうです。

西王母がこの桃が実ったのをお祝いして「蟠桃宴」を開きます。この宴に呼ばれるのは超一流の神様仏様たちだといいます。ちなみに、孫悟空はその宴に乱入に大暴れをしました。

―――――引用ここまで――――

3000年に一度の不老長寿の桃の実がとても小さいとのこと、であるならばKF-03の桃の面に丸く象嵌された夜光貝?の意味するところはその実ではあるまいかと想像が広がりました。

3.KF-08葡萄図象牙蒔絵櫛

象牙の生地を生かした櫛です。

私がかつて現役のころ象牙のネックレスが黄ばんでしまったので白くも戻せませんか?とのご要望がおおくありましたので象牙は黄変し汚やすいものと認識致しております。

その見地からKF-08を見ますとかなり美しく白肌を残しております。

髪に着用すれば鬢付け油が着き染み込み劣化して褐色シミとして白肌に現れそうなものですが本品にはそれすらもありません。

ということは当時高価な素材の象牙の櫛を鑑賞用コレクションとして「お宝」扱いされていたのではないかと思ってもみました。

4.KF-10月形銅覆輪櫛(上部真鍮飾り金具付)

一見、見るからになんとも渋い櫛で、木部の櫛歯の棟に銅の覆輪、その峰に真鍮素材の菊花が五輪均等に配置されています。

意匠は他の品と比べ棟幅がさほど無く独創的なアーチ型です。当時本品をお使いになっていたであろうお方はどのような婦人であったのか。

今でこそ金属部は酸化して渋くなっていますが当時は磨きこんで赤く光る銅の覆輪部に金色に輝く真鍮の花、髪にざっくり深く留められた

その様は覆輪部のみがカラスの濡れ羽色に輝く黒髪の艶に応えるように金属光沢の冷たくも温かい色彩を放っていたことでしょう。

なんと粋な櫛でありましょうか。

ハンドリング作品総じて櫛の歯付けの技術が美しくこれが明治期の指輪の千透かしのデザインに通じていくのだと素直に感じ取れる作品群でした。

テーマ2のJC誌67号の解説もまた面白かったです。

なぜ御木本翁はじめ明治の人達は競って真珠養殖に必死になったのか。

それは天然真珠が小粒ながらも高価な装身具素材として既に日本人の知るところであったということであり近代化の波、洋装身具の波が大きく日本に流れ込もうとしているタイミングと合致したということがよくわかりました。

 蛇足ながら、図14−4−2に長谷川時計舗の広告で気が付いたことは時計の針が1時52分を指していることです。

いまは皆10時10分を指すのが一般的ですがこんな処にも時代の変遷を感じることができました。


中村 園子 さん

藤田君代コレクション2

今回もとてもステキな櫛ばかりで、興味深く拝見しました。
表と裏が関連しながらも違う構図になっていて、どういう意図があるのか考えるのが楽しかったです。
Aの椿の花びらに表面に丸い玉が書いてありましたが、それは水滴だったのか、雪だったのか‥。風流だと思いました。
作りの面では、H葵の紋の今までにない長さの櫛に驚きました。櫛を作り慣れた職人であれば、昔は誰でもこのくらいの目を切ることが出来る技術を持っていたのでしょうか。Iの櫛の細さもすごいと思いました。

明治時代中期 14

ティアラやピアスの話など、ジュエリーを通して明治の頃の知らなかった風習(考え方)や、海外と日本の関わりが分かって興味深かったです。
明治の頃の男性はオシャレさんだったことが、広告を見て感じられました。時計を扱う店が指輪を取り扱っていたから、今と違って自然に男性が着けられたのか、キチンとした身なりの道具とされていた為身につけていたのか、男性社会(財布を握っているのが男性)だからなのか‥。
今回は、真珠やオパール、カラット秤、結婚指輪など、いまの私たちが扱っているものが出てきて、この明治中期から今に続く基礎になったようで、とても面白い話でした。


小田 晴子 さん

今回、初めて参加させて頂きました。
実際のお話だけでなく、物を見ながら、手に取りながらですと、非常に興味深く、これはどういう人がつけたのだろうか、どういう生活していたのだろうか、どういう方が作ったのだろうか、想像が膨らんで膨らんで。
一人で時空の中の遊びに興じてしまいました。

象牙の櫛がありましたが、あの後、象牙取り扱いの業者の方にお話ちょっとうかがいました。
当時、象牙業者は、はっきり分かれていて置物作る人、印鑑作る人、バチもの(三味線など)小間物作る人は分かれていたそうです。
私の聞いた方は、置物だったので、小間物の方のことは全く知らないそうです。

あの均等に櫛を作る技術。どんな方だったのでしょうか。もう少し調べてみたいと思います。
次回も楽しみにしております


山崎 真紀子 さん

ハンドリングゼミに参加させていただきましてありがとうございました。
初めての参加でもあり櫛は実物を見たことも少ないため、最初のうちはどこを見ていいのかもわかりませんでしたが、 近くで観察すると細部の仕上げまで見られどれもすばらしいものでした。
実物を手に取らせていただけたことで、重さや大きさ、手触り、厚さなど、画像ではわからなかったことを感じることができました。
KF-10の覆輪の構造もかぶせてあるところを断面で見ることができ理解できました。
KF-07は象牙の蘇芳染めということでしたが、染織品では蘇芳は褪色しやすい染料なのですが、非常に色鮮やかな赤が見られたのが印象的でした。
象牙だからなのか保存状態がよかったからなのかが気になります。


岩崎 望 さん

KF-07「蝶図柳川櫛」

天平時代に象牙を蘇芳で染め、珊瑚の紛い物を作ったという話が残っています。
そのため、蘇芳が気になっていたのですが、手にとって見る機会がこれまでありませんでした。
今回、間近に見ることができ、とてもよかったです。

正倉院に「紅牙撥鏤尺」(こうげばちるのしゃく)が残されており、これを復元した話が「和楽」2003年11月号に掲載されています。それによると茜と藍で復元したそうです。また、撥鏤の基本は彫りがグラデーションになっていることだそうです。染めがぼけたところがあるのが基本とのことです。「蝶図柳川櫛」の彫りにはぼけたところがなく、赤と白の対比が潔い気がします。時代の好みなのでしょうか。


吉田 さやか さん

先日も大変興味深く櫛を拝見させて頂きまして、ありがとうございました。

外国では、蒔絵が好まれたとのこと、 君代夫人も外国人の感覚に近かったのだろうとのことで、 漆塗、蒔絵に詳しければ、もっと作品を理解できたのではないかと知識不足を認識させられた会でもありました。

さて、研究会後にお話しましたケンドルビー について、改めてこちらにてご提案させて頂きたいと思います。

たまたまですが、ケンドルビー が英語での kind of ruby と聞こえました。

研究会にてお話頂いたケンドルビーの内容からも外れませんし、当時の様々な石の名前が音で聞いたものをそのまま記載しているようにも感じるので、Kind of ruby と聞いた音を書いた、もしくはこの様に聞き違えたのでは?と思いましたが如何でしょうか。

当時は何を元に鉱物名を記載していたのか、英語からであれば、これも英語からである可能性はぐんと高まる様に思います。
もし、この当時の図鑑や本などご存知であればご教示くださいませ。
自身でもその時代の鉱物について、調べてみたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!


岡本 有紀子 さん

この度は初めての参加で少し緊張していたのですが、貴重な作品の数々に触れ、露木先生のとても丁寧で奥の深い解説をお聞きしまして、時間が経つのを忘れるほどのあっという間の2時間半でした。
藤田君代コレクションの櫛を手にとって観賞させて頂き、目で見るだけでなく、触れることでわかる作品の素晴らしさは、ビニールを通しても、質感、重量感、デザインの細部まで肌で感じることができました。
そして先生の解説と他の方々の感想から、自分にはない感性を感じ、そこからまた一つ一つの作品を振り返って見ることで、新たな発見や多くの気づきがあり大変勉強になりました。
明治時代のジュエリー文化史の講義では、当時の広告から見えてくる明治時代中期のジュエリーの存在や、今では一般的に知られている事柄の始まりとなったもの(キャラット使用の始まりや結婚指輪の始まりなど)、養殖半円真珠の海外からの評価の違いなどを興味深く学ぶことができました。
また、明治30年前後からダイヤやサファイアといった宝石が珍しくなくなり、新しい宝石としてオパールが登場して流行したというお話をお聞きしましたが、こちらもとても印象的でした。日本人がオパールを好んで身につけるようになった始まりは、それまでの宝石に少し飽きたこと。目新しさを求める当時のジュエリーを愛する人たちが、これまで見たことがない光彩を放つオパールに惹かれた様子を想像しました。
当時のオパールが、今私たちが知るオパールの産地のオーストラリアやメキシコのものではなく、ハンガリー産だったと思われる、とのことで、オパール好きな私としては機会があればハンガリーのオパールも見てみたいと思いました。

次回の研究会も楽しみにしております。
ありがとうございました。


土田 慶太 さん

前半は、前回に続き、藤田君代コレクションの櫛をハンドリング。
10点のうち、印象が強かったものはKF-03とKF-07でした。03の仙桃と仙女、二つが描かれているのはわかるのですが、貼ってある貝の意味がよくわからなかったです。力の源、仙桃の種を強調したものでしょうか。

07は、朱い色が鮮やかな櫛。真ん中にはどこか現代的なデザインの蝶。蝶の部分は象牙の白色、周りは蘇芳染めの技法で着色されていると聞きました。

後半の明治時代の装身具の話では、四大貴石以外にも、オパール、アレキサンドライトなどの宝石付き指環がこの頃から販売されていたことを知りました。
御木本幸吉がなぜ真珠の養殖、販売だけでなくジュエリーも製作するようになったのか、今まで考えもしませんでしたが、露木先生の話を聞いてなるほどなぁと思いました。


小宮 幸子 さん

前回に引き続き藤田君代の素晴らしいコレクションを拝見することができました。KF-09(葵紋亀甲木蒔絵櫛)やKF-01(菊と蝶木蒔絵櫛)など、蒔絵の華やかな作品が多いものの、KF-10(月形銅覆輪櫛)のような、渋さの中にも繊細な細工や味わいのある作品も入っており、非常に吟味されて集められていると感じました。

今回拝見した中では、KF-01(菊と蝶木蒔絵櫛)とKF-06(瓜図木蒔絵櫛)の一部に金箔が貼ってあることに興味を惹かれました。実物を手にしてようやく意匠の一部分に金箔が貼られていることに気づくという程、蛍光灯など通常の明かりのもとでは金箔部分と金蒔絵との差異はかすかにしか感じられません。これほどデリケートな輝きの違いを作ったのはなぜなのでしょうか。裕福な家であっても蝋燭しかなかった当時の明かりの近くで、いかに美しく効果的に見せるかを考えて作られたためではないでしょうか。はかなげな、温かみのある蝋燭の光が櫛を照らした時、周囲の闇を背景に、金箔部分が鏡のようにきらりと反射する、そのような光景が想像されます。実際に検証することができれば…と思いました。

また、今までのゼミを通して日本人は有機質の宝石を好んでいたように感じます。鋭い金属光沢よりも、べっ甲、象牙、珊瑚、真珠などの柔らかく、しっとりとした「艶」に惹かれたのでしょうか。漆や蒔絵、螺鈿の輝きも同様です。湿度の高い日本の気候にも合っているのかもしれません。

現在に近づくにつれて、ダイヤモンドを始め、様々な種類の宝石、装身具が増えたため、好みは多様化し、ひとくくりにすることは難しいと思いますが、日本人が好んだ宝石をたどっていくと面白い発見がありそうです。





Copyright(C)2013 Jewelry Cultural History Study Group All Right Reserved